寝起きの口臭を防ぐには

寝起きの口臭を防ぐには

寝起きの口臭を防ぐには

起床後すぐの口臭がきついと感じる原因は、口腔内の乾燥です。

 

口の中が渇くと唾液の分泌量が減少し、口臭の原因となる細菌が増殖します。

 

寝起きの口臭を防止するには、渇きをいかにして抑えるか、細菌の繁殖を抑えるかが重要です。

まず、口の中の乾燥を防ぐにはどうすればいいかについてですが、緊張がほぐれないまま、ストレスを感じたまま眠ると唾液の分泌量が減少します。

 

そのため、就寝前にはリラックスしたりストレスを発散したりして、口の中が渇かないようにしましょう。

就寝前後の口臭予防が重要

また、眠る前に水分を摂ったり、目が覚めてすぐにうがいをしたり、水分補給をするのも、寝起きの口臭を防ぐのに効果的です。

 

就寝中の水分不足から起床後すぐの口臭予防、起床後に水分を口に含むことでの乾燥、口臭を和らげることに繋がります。

 

なお、水分補給をする際には口の中のpHを酸性に傾け、口臭の原因になるコーヒーやジュースは避けましょう。

 

水であればこうした問題が起こりませんので、きれいな水道水やミネラルウォーターがおすすめです。

 

それから、細菌の繁殖を抑制する方法ですが、就寝前に歯磨きと舌磨きを行うことが大切です。

 

細菌が繁殖する食べカス、細菌のかたまりである舌苔を取り除いて眠れば、翌朝の口臭抑制に繋がるでしょう。

 

歯と歯の間に挟まっている歯垢もしっかり除去してあげると、寝起きの口臭予防により効果的です。

 

また、お酒を飲むとアルコールの分解で水分が大量に消費されますので、飲むとしても適量摂取にとどめれば、渇きや細菌の繁殖を最小限に抑えることに繋がります。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る