食事で口臭を防ぐ

食事で口臭を防ぐ

食事で口臭を防ぐ

口臭を防ぐ方法のひとつに食生活の改善が挙げられます。

 

食事と口臭というと餃子やニンニクといった臭いが残る食べ物が連想されますが、そういった直接口内に臭いを残す食べ物を避けるのではなく、口臭の原因の根本からの改善を期待できる食べ物を意識して摂取するのです。

では口臭対策に役立つ食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

口臭対策でもっとも重要なポイントとなるのが腸内環境の改善で、下痢や便秘を繰り返す環境を防ぎ、健康な状態を維持しておくことが第一です。

 

そうでないと体内に臭いを発する有害物質が発生してしまい、血液を通して肺まで達して口臭の原因となっています。

口臭を防ぐ野菜と乳酸菌

そこで腸内環境の改善に役立つ食べ物を摂取するのです。

 

オススメは野菜と乳酸菌です。

 

野菜には食物繊維が豊富に含まれており、腸の活動を活性化させてくれる働きがあります。

 

さらに食物繊維には満腹感をもたらし、しかもそれを維持してくれる働きがあるのでダイエットにも最適です。

 

食べすぎで腸に負担をかけて調子を悪くしている人にもピッタリの選択肢です。

 

乳酸菌はよく知られた腸内環境改善の選択肢ですが、ここでオススメしたいのはヨーグルトやチーズといった乳製品だけでなく漬物やキムチ、味噌などの発酵食品です。

 

実はこれらにも乳酸菌が含まれているほか、乳製品に含まれる乳酸菌よりも丈夫なので腸内で活発に活動してくれるのです。

 

今回取り上げた食べ物は口臭を防ぐだけでなく体の調子を整えるうえでも重要なものばかりです。

 

また現代人に不足している栄養分も豊富に含まれています。

 

まずは食生活で体の調子を整えながら口臭予防を行っていきましょう。

 

虫歯など口腔内の問題が原因で起こる病的口臭かどうか調べるため歯科に行く、糖尿病など口腔内以外の病気が原因の病的口臭か調べるため内科や耳鼻科へ行く、まずはこれを試してみてください。

 

大体はこれで原因がはっきりするでしょうが、何も異常がなければ口臭の原因になる飲食物や嗜好品を摂っていないか、口の中が渇いていないか、ストレスが溜まっていないか振り返ってみましょう。

 

思い当たる節がある場合、生理的口臭の可能性があります。

 

ただ、自己判断をするのは良くありませんので、口臭外来や口臭クリニックに行ったほうが良いでしょう。

 

口臭が引き起こされている原因を検査で調べてくれますし、消臭剤を使っての治療や生活習慣の改善指導、カウンセリングが受けられる場合があります。

 

原因さえわかれば間違った対策をすることもなくなりますし、正しい口臭の改善・予防法がわかりますので、上記のところへ相談に行って適切な治療を受けると良いでしょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る