マスキングによる口臭予防

マスキングで口臭予防

マスキングによる口臭予防

もっとも簡単な口臭予防といえるのがマスキング効果です。※マスキング:覆うこと

 

つまり他の臭いで口臭に臭いを覆ってしまうわけです。

 

ミント系など爽やかな香りでマスキングすれば臭いの悩みを解消できるばかりか、接する相手によい印象を与えることもできます。

この口臭予防の方法は一時しのぎの対策にすぎず、根本的な口臭対策にはならないという意見もあります。

 

確かにそういう面もありますが、必ずしもそうとは言い切れません。

 

なぜなら口臭の悩みは精神的な面もあるからです。

 

たとえば口臭への不安から口の中がカラカラに乾燥してしまい、唾液不足の状態に陥ることで臭いが強まるケースもあります。

マスキング効果で自臭症を改善

もっと厄介なのが自臭症です。

 

実際には口臭が無いにもかかわらず自分は口臭が強いと思い込むことで精神的な苦しみを味わってしまうケースです。

 

こうした問題に対してもマスキング効果は役立ってくれます。

 

口からよい香りが漂っているのを自分で確認できれば「ちゃんと口臭予防ができているんだ」と安心することができます。

 

これは臭いを消す予防方法だけでは得られないメリットです。

 

かつて口臭対策におけるマスキング効果といえばガムやタブレットが一般的でした。

 

現在でも外出中にも手軽に利用できるなどのメリットで人気です。

 

しかし他の方法も注目されるようになっています。

 

サプリメントです。ローズエキスをはじめとした芳香成分を体内に取り入れることで口から心地よい香りを発するようにできます。

 

効果が1日持続するものもあり、手間をかけずに口臭予防を行うことができます。

 

こうしたメリットからも、口臭の対策方法としてのマスキングは優れた方法であることは否定できないでしょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る