歯間ブラシで口臭予防

歯間ブラシで口臭予防

歯間ブラシで口臭予防

毎日歯磨きをしっかり行っているのに口臭が治らないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

そんな人は歯磨きが充分ではない可能性があります。

 

ちゃんと磨いているように思えて実際には汚れが残ってしまい、口臭をもたらす雑菌が活動しやすい状況になってしまっているのです。

そんな不十分な歯磨きを補う方法としてオススメしたいのが歯間ブラシです。

 

デンタルフロスなど、歯と歯の間の汚れを除去するためのアイテムです。

 

ドラッグストアの歯ブラシ売り場で売っているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

じつは口臭の原因は歯と歯の間に潜んでいるケースが多いのです。

 

歯磨きもうまく入らないような歯と歯の間に汚れが溜まったりするのだろうか、と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

しかし通常の歯磨きだけでは口内全体の歯垢の7割弱程度しか除去することができないとも言われています。

 

残りの3割を除去するための方法として歯間ブラシは重要な意味を持つのです。

歯の間には驚くほどの食べかすと臭いが詰まっています

実際に歯間ブラシを使ってみましょう。

 

驚くほどいろいろな食べかすがひっかかるはずです。

 

また、歯間ブラシを使った直後に口臭が漂ってくることもあります。

 

ほんのわずか隙間に臭いの元が詰まっているわけです。

 

なかなか口臭予防の効果が得られない人は歯間ブラシで改めて歯磨きの環境を見直してみるとよいのではないでしょうか。

 

デンタルフロスなら数百本いりのものを数100円で購入できますから、それほどコストもかからず手軽に行っていくことができるでしょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る