原因別の口臭対策

原因別の口臭対策

原因別の口臭対策

原因別の口臭対策法ですが、まず生理的口臭は唾液の分泌量が減少し、口の中が渇くことでニオイの原因物質が繁殖すると起こります。

 

そのため、口の中を潤わしたり、唾液の分泌を促進したりすることで、ニオイを抑えることが可能です。

 

方法としては水分補給をする、うがいをする、食事中は咀嚼回数を多くする、ガムを噛むといったものが挙げられます。

レモンや梅干のような酸っぱいものを摂ると唾液の分泌が促されるほか、これらの食材のクエン酸がニオイの原因菌を撃退してくれるでしょう。

 

それから、飲食物や嗜好品による口臭は、ニンニク、ニラ、ネギ、お酒、タバコ、コーヒーといったニオイをきつくするものを摂らないのが最善です。

共通して大切な事は口腔内を清潔に保つこと

しかしながら、摂らざるを得なかった場合には市販のブレスケアグッズを使用したり、マスクを着用したりして、ニオイが落ち着くのを待ちましょう。

 

そして病的口臭ですが、ニオイの原因となっている病気を治療すれば、ニオイも解消されます。

 

ただ、病的口臭の原因の中には糖尿病をはじめ命に関わるような病気が原因になっているケースもあります。

 

頑張って対策をしているのにニオイがなくならないという人は、病的口臭を疑って医療機関を一度受診してみると良いでしょう。

 

そのほか、どの種類の口臭の場合でも共通して大切なのは、正しいブラッシングを行い、口腔内を清潔に保つということです。

 

口腔内がきれいでないと菌が繁殖しやすくなり、口臭や口臭の原因となる口腔内の病気を引き起こすことにもなりかねませんので、くれぐれも気をつけましょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る