舌苔を除去して口臭を防ぐ

舌苔を除去して口臭予防

舌苔を除去して口臭を防ぐ

口臭の原因のほとんどは口内にあります。

 

つまり口内を清潔な状態にしておけばたいていの口臭を防ぐことができるのです。

 

それだけに毎日の歯磨きが重要なのですが、歯磨きだけでは解消できない口内の口臭の原因もあります。

それは舌苔(ぜったい)です。

 

舌苔とは舌の上に付着した汚れのことです。

 

健康で正常な舌の場合、表面は赤い状態ですが、何らかの原因で舌苔が表面を白く覆ってしまう場合もあります。

 

実際に鏡の前で舌の状態を確認してみましょう。

 

真っ白になっていないでしょうか?

 

実はこの舌苔が口臭の原因となっているケースも多いのです。

舌苔ができる要因

ではどうして舌苔ができてしまうのでしょうか。

 

これにはいくつかの要因が挙げられます。

 

まず消化器官の異常で、腸をはじめとした消化器官の調子が悪くなっているとできやすくなります。

 

それから唾液の分泌量の低下があげられます。

 

殺菌作用を持つ唾液の量が少ないことで舌の上にも汚れが溜まってしまうのです。

 

他にも風邪などで体調を崩さしている場合、さらにストレスが溜まっている場合にも舌苔ができるようになります。

 

とくにストレスは唾液の分泌量を減らすため大きな要因になるといわれています。

 

歯磨きで舌苔を除去することはできないため、毎日一生懸命歯を磨いているのに思うように口臭を防ぐことができません。

 

そのため歯磨きと並行して舌苔対策も行っていく必要があるのです。

 

基本的には上に挙げた原因の解消が重要で、とくに唾液の分泌量を増やし、ドライマウスの状態を改善することが求められます。

 

それでもなかなか改善されない場合には舌苔用のブラシを使用して除去しましょう。

 

ただし、舌の粘膜は敏感なので毎日神経質に除去するような神経質な対策は避けましょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る