電動歯ブラシで口臭予防

電動歯ブラシで口臭予防

電動歯ブラシ

電動歯ブラシは、歯ブラシの振動と回転によって、汚れを落としやすくするという便利な歯ブラシです。

 

使い方は、電動歯ブラシを歯の表面に当てるようにして、歯ブラシのヘッドを磨きたい部分へと移動させていきます。

 

注意しないといけないのは、電動歯ブラシは力を入れて使うと、歯や歯茎を傷つけてしまうところです。

歯や歯茎を傷つけずに、電動歯ブラシで確実に汚れを落とすには、それぞれの口の状態に合わせて使う必要があります。

 

機種により電動歯ブラシは使い方が異なるので、歯科医院で指導を受けるのが、一番、おすすめでる方法です。

 

電動歯ブラシは、歯の表面の汚れだけを落としたい人や、歯や歯茎に問題のない人におすすめで、とても楽に使用できます。

 

手動の歯ブラシと違い、電動歯ブラシの場合、ゴシゴシと自分で動かす必要がないので、手のだるさがありません。

 

電動歯ブラシは、歯や歯と歯茎の境目に当てるだけでよく、勝手に歯ブラシが動いてくれます。

 

電気の力で小刻みに動いてくれるのが電動歯ブラシの良いところで、手で持っているだけで、勝手に歯を磨いてくれます。

電動歯ブラシの効果的な使い方

ただ、気をつけないといけないのは、電動歯ブラシは、いかにして、歯のどこに歯ブラシを当てるかで効果が違ってきます。

 

しっかりブラッシングする必要があり、電動歯ブラシをただ歯の表面に押し当てているだけでは意味がありません。

 

電動歯ブラシを購入したなら、正しい使い方をしっかりやっていく必要があり、そのためには、正しい持ち方をしないといけません。

 

持ち方は手動の歯ブラシと同じように電動歯ブラシにも通りあるので、自分に合った持ち方で磨くことです。

 

まず、パームグリップという持ち方があり、これは、テニスのラケットを持つような感じで電動歯ブラシを握ります。

 

電動歯ブラシを持つ場合、重さがあるで、パームグリップという持ち方は、推奨できる方法になります。

 

もう1つの電動歯ブラシの持ち方は、ペングリップというもので、鉛筆を持つような感じで握ります。

 

細かい動作ができる持ち方ですが、電動歯ブラシを持つには、少し重さを感じるので、しんどいかもしれません。

 

手動とは違い、電動歯ブラシは自分で動かして磨く必要がないので、無駄な力を与えずに磨くことができるのが最大のメリットです。

 

逆に言うと、電動歯ブラシは、強く押し当てて磨くと、歯茎を痛めることがあるので、注意しないといけません。

 

最大限に生かした電動歯ブラシの磨き方は、歯と歯茎の境目を丁寧に磨いていくというもので、歯ブラシは少し斜めに当てます。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る