口臭をチェックする方法

口臭をチェックする方法

口臭をチェックする方法

口臭がある人の場合、人と話をしているとき、相手に手で口をおおわれたり、顔をしかめられたりすることがあります。

 

そこまでいくと、かなり口臭がきついことを示しているので、自分できちんとチェックする必要があるでしょう。

 

人から口臭を指摘される前に、自分でチェックし、その原因を突き止めることが大事です。

どんな臭いかあるのか、自分で口臭チェックして、確かめておけば、人から指摘されずに済むでしょう。

 

また、あらかじめ、口臭をチェックしておけば、どのような対策を取ればいいのか、改善策を図ることが可能になります。

 

口臭というのは、やっかいで、人のニオイは分かっても、自分のニオイは中々分からないという特徴があります。

手軽にできる口臭チェックの方法

手軽にできる口臭チェックの方法は、コップに吐いた自分の息を確認する方法で、これなら簡単にできます。

 

口臭チェックをする方法は、いろいろあり、ビニール袋に息をためて嗅ぐという方法もあります。

 

しかし、この口臭チェックの方法では、ほとんどニオイが分からず、判別するのは難しいです。

 

自分の顔を自分の目で直接見ることができないのと同様、自分の口臭を自分でチェックするというのは、限界があります。

 

1つクッションを挟み、間接的に口臭をチェックする方法がよく、そうすることで自分の臭いをしっかり確認することができます。

 

自分の口臭をチェックするには、吐く息と自分の鼻の間に何かクッションを入れるとよく、間接的に確認するのが一番です。

 

確実に口臭をチェックしたいなら、チェッカーを使うとよく、臭いの元である唾液で確認します。

 

口臭をチェックする場合、信頼できる人に嗅いでもらうという方法もありますが、中々相手が見つからなかったりします。

 

口臭をチェックするなら、チェッカーを使うのが確実で、客観的に自分の臭いを確認することができます。

 

中には、市販されている口臭チェッカーは、どうも信頼できない人もいるでしょうが、比較的簡単にできて効果的です。

 

寝起きに口臭をチェックするとよく、歯磨きして30分後に再度チェッカーで図ると、その差がはっきりします。

 

市販の口臭チェッカーなら、値段も手頃で、しかも持ち運びもできるので、気になる時にすぐにチェックできます。

 

ただ、口臭チェッカーは、臭いの強さや弱さは分かるのですが、どんな臭いがするのかまではわかりません。

 

一般的に、口臭の発生原因は口の中の細菌にあり、口の中の細菌が残ることで、食べカスなどから臭いの物質が発生します。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る