口臭と胃の関係

口臭と胃の関係

口臭と胃の関係

胃が不調の場合に、内容物の臭気が直接口へと逆流して不快なニオイとして出ることは基本的にありません。

 

ただ、胃と口臭が全く無関係かというと、そうではないのです。

 

まず、胃の消化機能が悪くなっていると、胃内容物が異常発酵し、不快臭を出すガスが生み出されます。

そしてこれが血液の乗って肺へと到達すると、呼気として出て嫌なニオイを放つのです。

 

また、胃炎や胃潰瘍といった病気とは異なる胃の不調の原因は、ストレス、お酒、タバコ、食生活の乱れの場合が多いです。

 

これらは全て口臭の原因となりますので、胃の不調の原因となっているものが口の不快なニオイを起こしていることもあるのです。

胃の不快臭が口へ逆流する原因

それから、胃と口は通常、弁により閉じた状態になっているのですが、逆流性食道炎のような病気になると弁の力が弱体化し、胃の不快臭が口へと逆流することで、呼気として出てしまう場合があります。

 

この逆流性食道炎も食生活の乱れ、タバコ、お酒、ストレスといったものが原因で起こるのが特徴です。

 

以上のことから、胃の調子が悪くなる原因と、口臭がきつくなる原因とが共通していることがわかったのではないでしょうか。

 

生活習慣を改善し、ストレスを溜め込まないようにすれば、胃の調子を良好な状態にキープすることに繋がりますし、口臭の予防にも効果的なのです。

 

胃の調子が悪い、口臭が強い気がするという人は、当てはまる原因がないか振り返ってみて、もしあった場合には原因を取り除くことで、胃の調子と口臭の両方の対策が行えるでしょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る