口臭予防と病気

口臭予防と病気

口臭予防と病気

口臭のほとんどは口内の雑菌の繁殖によって生じると言われています。

 

それだけに歯磨きが重要なのですが、そのほかにも病気が原因となっているケースも見られます。

 

その場合には原因となる病気の治療が口臭予防の大前提となります。

では口臭をもたらす病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

もっとも例が多く、身近なものが虫歯と歯周病で、どちらも臭いをもたらす雑菌の繁殖によって生じるものです。

 

しかも歯磨きでは充分な対策ができないため、できるだけ早く歯科で治療を受けることが望まれます。

 

特に歯周病は高齢者の口臭の大きな原因となっているだけに要注意です。

 

さらに身近な病気では、蓄膿症や慢性鼻炎といった鼻に生じた疾患が挙げられます。

 

鼻と口がつながっていることから、鼻に膿が溜まるといった異常が口臭の原因となることも多いのです。

 

この病気に関しては、鼻うがいなど日常生活でできる対策がポイントとなります。

内臓の病気による口臭

内臓の病気が原因で口臭が発生するケースもあります。

 

もっとも多いのが胃腸の問題で、胃炎や胃潰瘍では胃酸が過剰に分泌することで口臭が発生します。

 

それから胃酸が逆流する逆流性食道炎も要注意です。

 

ほかにも肝炎に代表される肝臓の病気も口臭の原因となります。

 

あと現代社会で増えているのが糖尿病で、この病気がもたらす口臭ははやや特別で、アセトン臭と呼ばれる甘酸っぱい臭いがします。

 

さらに糖尿病になると唾液の分泌量が低下するため、通常の口臭も発生しやすくなります。

 

口臭予防を行う場合にはこうした病気の可能性も疑ってかかった方がよいでしょう。

 

これらの病気の中には自覚症状に乏しいものも多いだけに注意したいところです。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る