胃の病気と口臭

胃の病気と口臭

胃の病気と口臭

口臭は、色々な原因で起こりますが、口の中の病気とは別に、胃の不調によって発生するケースがあります。

 

胃の病気と口臭は、密接につながっていて、臭いが発生する胃の病気には、胃炎、胃潰瘍、消化不良などがあります。

 

胃の中に溜まった食べ物が発酵すると、臭いの物質が発生することになり、それが口臭へとつながります。

一般的に胃が原因の口臭は、卵の腐ったような臭いがするのが特徴で、腐敗臭がするのですぐにわかります。

 

十二指腸潰瘍になると消化不良を起こしやすく、胃の中で発生した臭い物質が血液中に吸収されることで、口臭の元になります。

 

全身を巡って肺に達すると、息に混ざって腐卵臭が出るケースがあり、口臭の大きな原因になっています。

 

逆流性食道炎も口臭と関係していて、胃酸の逆流で喉の奥や口の中まで上がってくると、刺激臭になります。

 

口臭は、胃がんとも関係していて、血液中に取り込まれた臭い成分が、肺の空気交換により、臭いを発生します。

 

人によって胃が原因の口臭には、臭いに違いがありますが、腐卵臭やきつい鼻の臭いがするのが一般的です。

胃からの口臭を防ぐ方法

口臭の元になる胃の病気を軽減させるには、ストレスを溜めないようにし、タバコやお酒を控えることです。

 

暴飲暴食などで、胃に負担をかけないように心掛けることが大事で、胃を大切にすれば、口臭も改善の方向へと向かいます。

 

ストレスがかかると消化器官の血流が悪くなり、十二指腸の粘膜を傷つけてしまうので、口臭になりやすくなります。

 

日頃からストレス発散を意識することが口臭予防につながり、強いては、胃を守ることにつながります。

 

香辛料の多い食べ物やカフェインの摂りすぎにも注意が必要で、胃を大事にして、口臭をしっかり予防していきましょう。

 

口臭に気をつけるためには、食生活が重要で、胃からくる臭いは、食生活と大きな関係があります。

 

胃にやさしい食べ物を食べるようにすることが、口臭予防のためには必要で、消化に悪い食べ物は食べないようにしないといけません。

 

腸に優しい食べ物には、大根、りんご、キャベツなどがあるので、口臭予防のために積極的に摂りましょう。

 

消化酵素を含む食物を食べると消化が良くなるので、胃からくる口臭予防に有効です。

 

大根にはでんぷんを消化する酵素ジアスターゼ、パイナップルにはタンパク質を分解する働きがあります。

 

口臭の原因になる消化に悪い食べ物は油ものなどです。

 

ニンニクや辛い物などの刺激物は胃に負担がかかるので、口臭が気になる人は摂らないことです。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る