歯石と口臭の関係

歯石と口臭の関係

歯石と口臭の関係

歯石が付いてくると、口臭の原因になるので、定期的に歯医者さんに行って取ってもらう必要があります。

 

歯垢が固まってできた石のようなものが歯石ですが、汚れが付きやすく、歯垢や歯茎から口臭の原因になるものが出てきます。

 

口臭が気になるなら、歯石を定期的に取る必要がありますので、歯医者に行くのに抵抗があっても、やはり、定期的に通うべきです。

歯の周りにつく石が歯石になりますが、プラークが唾液の中のカルシウムやリンなどのミネラル成分と結びつくので石のように固くなります。

 

歯垢が多く付いた歯石を放置すると口臭の原因になり、表面がザラザラになり、歯垢が付きやすくなります。

 

歯石の上の歯垢は歯磨きをしても中々簡単に取ることはできず、歯と歯の間に詰まってしまうこともあります。

 

歯石が溜まると歯垢が発酵するので、そこからガスが発生して、口臭の原因になってしまいます。

 

歯茎から出血すると口臭がしますが、歯に歯石が溜まっても、同じように口臭を発生します。

 

歯石の周りに付いた歯垢は、まさに細菌の塊であり、この細菌が歯茎を刺激することで、歯茎から出血を誘発します。

 

歯茎から出血した血の匂いは、口臭の原因になりますが、その元になるのが歯石なのです。

 

歯茎が腫れて口臭がすることはよくありますが、歯に歯石が溜まると周りの歯茎に炎症細胞が集まることになります。

 

歯茎が腫れ、腫れた歯茎の周りに歯石が付いていると、歯垢や歯茎から出る浸出液により、口臭が発生することになります。

 

歯茎の中に歯石が溜まると歯茎が腫れ、膿が出てきますが、その膿こそが、口臭の大きな原因になります。

歯石から歯槽膿漏、そして口臭の発生

歯石は、歯槽膿漏とも関係していて、そのままにしておくと、強い痛みや周りの骨が溶けて歯が抜けてしまうケースもあります。

 

歯に歯石がたくさん溜まると歯垢や着色も着きやすくなり、歯の表面がどうしても汚くなります。

 

見た目に汚い歯は、口臭が無くても臭く感じるものなので、口臭予防のためには、やはり、歯石をしっかり取っていかないといけません。

 

中には、歯医者に行くのが面倒で、歯石を自分で取り除く人もいますが、専用の器具を用いても、自分ではキレイにとることはできません。

 

基本的に、自分で歯石を取るのは無理で、歯にこびり付いているので、自分で取ろうとしても歯や歯茎を傷付けるだけです。

 

歯医者では、歯石を取っているだけでなく、取った後、付きにくいように歯を磨いているので、やはり面倒でも歯医者には行くべきです。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る