虫歯による口臭

虫歯による口臭

虫歯による口臭

さまざまなことが原因となって不快な口臭は起こりますが、虫歯によっても嫌な口のニオイは放出されます。

 

まず、虫歯は食べカスが溜まりやすい場所に起こることが多いのですが、これは虫歯の原因菌が食べカスをエサにするためです。

 

虫歯になると穴ができ、深さや範囲が広くなっていくのですが、その過程で不快なニオイが生み出されてしまいます。

もっと穴が広範囲に及び、深くなってしまうと、食べカスは余計に溜まりやすくなってしまいます。

 

そうなるとさらに虫歯は悪化しやすくなり、悪臭もより多く出るようになってしまうのです。

 

やがて穴が深部に到達すると、膿などが出るようになりますが、この膿の臭気も相当なもので、不快指数としてはかなり高いといえるでしょう。

虫歯によるリスク

虫歯を放置している限り虫歯菌が繁殖しやすい絶好の条件が整っているため、ほかの歯まで虫歯になり、さらなる口臭の悪化を招いてしまうことにもなりかねません。

 

また、歯に被せものをしている人の場合、その中で虫歯が悪化するリスクがあります。

 

たとえば銀歯の中にある歯が虫歯になってしまうと、強烈な口臭を放つようになってしまうのです。

 

以上のことから、口のニオイが気になるという人は、一度歯科医院に行って虫歯がないか診てもらったほうがいいでしょう。

 

以前問題がなかったという人も新たに虫歯ができていたり、被せものをした歯が虫歯菌に侵されているかもしれません。

 

調べた結果、虫歯があった場合には、口腔内の健康や口臭対策のためにも、最後まで治療を受けることが大切です。

 

また、異常がなかった人も定期的に歯を診てもらい、適切な口腔ケアを続けましょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る