口臭が発生する仕組み

口臭が発生する仕組み

口臭が発生する仕組み

原因によって不快な口臭が出るメカニズムは異なりますが、ほとんどの場合は細菌が製造するガスが嫌なニオイを出しています。

 

口腔内に生息している細菌は口臭の原因物質なのですが、これは食べカス、口の中にある細胞の死骸、血液などをエサにして増殖します。

細菌は上記のようなたんぱく質を栄養として摂ることで勢力を拡大していくのですが、細菌によってたんぱく質が分解されると腐敗ガスが生み出されるのです。

 

なお、この腐敗ガスは揮発性硫黄化合物といって、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメルサルファイドと呼ばれるガスが組み合わされたものです。

 

いずれも卵、魚、野菜が腐敗したようなニオイ、生ゴミに似たニオイと表現されるものなので、不快極まりありません。

唾液の分泌が口臭予防のポイント

これがほとんどの場合の口臭が発生する仕組みなのですが、口の中が渇いている環境下だと余計に細菌は繁殖しやすくなります。

 

そのため唾液の分泌を促進することが口臭予防に効果的なのですが、細菌は歯周ポケット、舌粘膜の凹んでいる箇所、喉粘膜に退避し、唾液の影響を受けまいとするのです。

 

したがって、唾液の分泌を促す対策だけでは足りず、上記の場所を清潔にしなければ本当の意味での口臭対策はできません。

 

唾液の分泌を促進する方法、適切な歯磨きや舌磨きのほか、うがいをすることで喉粘膜にいる細菌を撃退する対策も必要になります。

 

嫌な口臭が出る仕組みを知り、細菌に増殖する機会を与えず、潜伏も許さずに、徹底した対策を行ってきれいな息を手に入れましょう。

うる藍バリア 薬用オーラクリスター・ゼロ

トップへ戻る