口臭を予防するために知っておきたいこと

口臭予防について

口臭のことで悩み、無臭にしたいと思っている人は多いと思います。
しかしながら、完全に口臭をなくすことはできません。

 

というのも、人間には生理的口臭があって、誰でも多かれ少なかれ口のニオイはするものなのです。

 

したがって、口臭予防をする場合には、無臭にするのではなく、ニオイが強くならないことを目指す形になります。

 

スポンサードリンク

 

口臭があったとしても、他人や自分が不快に感じなければ、悩みに感じることもなくなるでしょう。

 

人によっては自分が過剰に気にしているだけで、実際には全く不快臭を放っていないということもあります。

 

なお、生理的口臭は、主に口腔ケアや唾液量の分泌を多くすることで予防を行います。

 

また、口臭には生理的口臭だけでなく、病的口臭というものがあります。
これは嫌な口のニオイが病気によって放出されるという特徴があります。

 

そのため、病的予防の口臭を未然に防ぐ場合には、不快なニオイを発生させている病気を予防することが重要です。

 

その他、生理的口臭や病的口臭以外にも、口にしたものによって発生する口臭があります。
これは一時的に不快なニオイを放出させるだけなので、原因となるものを摂らなければ予防ができます。

 

あらかじめニオイが強くなる飲食物などを知り、人と接するときには摂らないようにしたり、口のニオイケアグッズを使用したりすることが、主な予防方法となります。

 

スポンサードリンク

 

以上のように、主に口臭には3種類があり、予防のためには自分の場合の原因は何かを把握し、原因に合った予防方法を実践する必要があります。

口臭をチェックする方法

病院に行くことなく自分の口臭が不快でないか知りたい場合、最も確実なのは他の人にかいでもらうことです。

 

ただ、これは非常に勇気が要る方法ですし、かいだ側としてもクサイと正直にいいにくいため、事実を話してもらえない可能性があります。

 

また、ビニール袋の中に息を吐きかけて、そのニオイを自分でかいでみたけれど、クサイのかどうかよくわからなかったという人もいるでしょう。

 

口臭があるのかどうかを自分で確かめたい場合には、家庭用の口臭測定器を利用してみてはいかがでしょうか。

 

半導体ガスセンサーが搭載されているブレスチェッカーで、口臭の原因物質の測定が行えます。
これで原因物質が検知されるようなことがあれば、ショックを受けるかもしれませんが口臭があると判断することができます。

 

自分でできる口腔対策をしたり、歯科医院をはじめとする医療機関に行ったりして適切な対処をほどこしてもらいましょう。

 

なお、家庭用の口臭測定器は万能ではなく、特定の種類の原因物質を測定するだけのものなので、a飲食物や嗜好品でニオイの強いものを摂ったとしても、測定結果でそれがわかるわけではありません。

 

また、これ以外の口臭をチェックする方法ですが、舌苔が付着しているかどうかを鏡で見てみましょう。

 

白っぽい色をしたこけ状のものが舌に付いていることがありますが、これは口臭の原因となる細菌のかたまりなのです。

 

びっしりと付着しれいれば不快な口臭を発している疑いがあると見て良いでしょう。

 

 

>>原因別の口臭対策